どの方法を選べばいいの?青色申告と白色申告

青色申告と白色申告って何?

確定申告の時期によく聞く言葉に「青色申告」と「白色申告」がありますよね。申告という言葉は共通していますが、この二つの言葉は大きく違います。まず青色申告は節税をしようと思っている人が利用する方式で、その分申告に手間と時間がかかるのが特徴です。一方白色申告は申告の手間と時間があまりかからないですが、節税をすることはできません。これらが大きな違いですが、この二つの特徴を詳しく知ることで自分がどちらを選ぶべきか分かります。

白色申告ってどんなことをするの?

白色申告のメリットはその手間のかからなさにあります。白色申告には「単式簿記」というものが必要になりますが、比較的簡単に作成できます。家庭でつけているような家計簿をイメージしていただければいいでしょう。よって「会計のことが良く分からない」という人にふさわしい方法だと言えます。また「節税をしなければいけないほど利益が出ていない」という人も利用します。しかしここで一つ注意したいのが、税務署によって「推計課税」が行われるかもしれないということです。これは税務署側が「これくらい税金がかかるだろう」と推測して課税することです。

青色申告は何をすればいいの?

青色申告の最大のメリットは税金が安く済むということです。これは手間がかかりますが、ある程度利益のある人であれば節税対策になります。まず青色申告では最大65万円の控除を受けることができます。「複式簿記」という方式で帳簿付けをしなければいけませんが、正しい方法で行えば節税の恩恵を受けることができます。この他にも青色申告にはメリットがあり、家族への給与を経費とすることができます。家族で会社を経営している方は利用したほうが良いでしょう。

青色申告とは、複式簿記のルールに従って帳簿を記入して、その帳簿から正しい所得や所得税、または法人税を計算して申告する事です。