リスクが少ない独立開業の方法とは

仕事に対する意識の変化

学校を卒業して社会人になると、人は特別な事情がない限り収入を得るために仕事をしなければなりません。

昔の日本は終身雇用制の風習が根強かったのですが、近年ではその風習も薄れ転職をする人も多くなりました。

中にはサラリーマンを辞めて独立開業する人もいて、そのような人達の行為は脱サラなどとも呼ばれています。

また、最近脱サラの手段として多くなっているのが代理店やフランチャイズ店に加盟して独立開業をする方法です。

フランチャイズ店とは

フランチャイズと聞くとコンビニやファストフード店などの飲食店を思い浮かべる人も多いでしょうが、最近では介護業界や不動産業界など代理店・フランチャイズを始める代理店の業種は意外と多いのが現状です。

ちなみにフランチャイズとは事業本部を持つ親会社と加盟契約を結ぶ事業形態のことで、加盟料やロイヤリティーなどはかかりますが、加盟する会社名を使うことができるとともに経営ノウハウ等のサポートが受けられるシステムになっています。

代理店・フランチャイズが増えた理由

代理店やフランチャイズは事業を展開している側と加盟する側で成り立っているわけですが、ここまで代理店やフランチャイズが拡大した背景には両社それぞれにメリットがあるからです。

事業展開をしている側は直営店を出すよりも少ない資金で事業を拡大することができますし、加盟する側はその業種に関する知識や経営ノウハウ等を伝授してもらえる上に、開業後のサポートもあるので独立してもリスクが少ないというメリットがあります。

製品を製造するメーカーにとって、製品を売るための販売網を構築するのは容易ではありません。このような場合には有力な代理店と契約し、活用していくことがビジネスを成功させるためのひとつの手法です。