ヘアカット時のオーダーで注意すること。

写真や画像を用意しておく。

ヘアカットの注文をする時に、有名人の誰々さんの髪型にしたい、とそこまで決まっているなら、写真や画像を準備してから美容室に行きましょう。個人名を伝えれば、美容師さん側もある程度のイメージはつかみやすいですが、芸能人などはころころと髪型を変える人も多いので、こちらと美容師さん側で違う髪型を思い浮かべているということもあるでしょう。きちんと、これでという画像を提示するのが一番分かりやすく伝わります。

ただし、アニメもキャラクターなど、実際の人物ではない画像は控えたほうが無難です。絵ではどうとでも描けても、実際にはあり得ない無理な髪型が多くあるので控えましょう。

おまかせしすぎない。

おまかせでお願いします。一見なにも問題ないように感じるでしょうが、美容師さん側からすると困る注文です。

まだ、常連さんがそう言うのなら、美容師さん側は今までの事を踏まえていろいろな髪型を提案することができるでしょう。

しかし、初めて行ったお店でいきなりこれを言ってはいけません。初めて来店したお客さまの好みや髪質、生活背景など、何も分からずにいきなりおまかせでヘアカットするのは容易ではありません。せめて、大まかな長さや髪の悩み、避けたい髪型などの希望は伝えたうえで、あとはおまかせで、とお願いしたほうが無難でしょう。

細かく希望を伝えすぎる。

先ほどとは逆で、細かく指示しすぎるのも避けた方がよいでしょう。ある程度の希望を伝えるのはもちろん大切ですが、美容師さんはプロなので、あなたの髪質や顔かたちなどを考えてカットしてくれるはずです。そこで、あれこれ希望を詰めこみ過ぎるとまとまりのない髪型になってしまいがちです。

大まかな希望やどうしてもここはというこだわりはきちんと伝えて、あとはプロにおまかせしましょう。

そして、同じ美容師さんのもとに何度か通うことにより、髪質や好みを理解してもらえて、より自分の希望のヘアスタイルに近づくことができるでしょう。

髪が伸びるのが早くて散髪代を節約したいというのであれば、ヘアカットの1000円店を利用すると良いでしょう。駅ビルや商店街の中などにあり、スピーディーに切ってもらえるので多忙な人にも便利です。